ダーク・ブラッド

ダーク・ブラッド

作品情報

原題 Dark Blood
日本劇場公開日 2014年4月26日
製作国 アメリカ・イギリス・オランダ合作

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
今は亡きリヴァー・フェニックスの最後の主演作です。撮影終了前に亡くなってしまったため、未完のままお蔵入りしていたのですが、この作品の監督が自らの余命の短さを知り、完成させたという作品です。
撮影されていないシーンもある為、その部分は静止画になり監督によるシーン説明のナレーションが所々に入るのですが、これはこれで良かったと思いました。
リヴァー・フェニックスが亡くなった事を知り、幼心にもショックを受けた事を良く覚えています。もっと彼の作品を観たかった…年を重ねた彼もきっと魅力的だった事でしょう。
tetsuakiの感想・評価
リヴァー・フェニックス急逝の為未完成だった幻の遺作。
あまりリヴァー・フェニックスに思い入れがないので、”リヴァー・フェニックスが出てるだけ”の映画でした。
しかし、あの勇姿を観るだけでも価値あり!

もう少し歳をとった彼も観てみたかった。本当に残念。
o325の感想・評価
リヴァーの急死により未完だったダーク・ブラッドをナレーションで補うことで20年の時を経て完成。冒頭の足の一本足りないという言葉に終わってから共感した。映画として完結してはいるけどどこか不安定で物足りない。
何より視聴側は皆がリヴァー・フェニックスの遺作として観てしまう、スタンド・バイ・ミー以外観たことないけどリヴァーがそれだけ魅力のある俳優だとわかった。

ミステリアスで儚い演技がとても素敵でした。
ciatrをフォロー: