テンペスト (1979)

テンペスト (1979)

作品情報

原題 The Tempest
日本劇場公開日 1988年6月23日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
シェイクスピアの原作をデレク・ジャーマンが映画化した作品。孤島に住む親子と卑しい召使いの元に難破船より流れ着いた王子がやってきます。
失脚の末に流れ着いた島の孤城はロウソクの灯りに照らされて真っ暗、どこか病的。かと思えば城の外は真っ青。意識の外のような雰囲気です。
デレク・ジャーマンといえば、その独特な映像表現だそう。真っ暗闇がブルーになっていたり、かと思えば水夫がいきなり踊りだしたり。エグめなのが、どこかに監禁された醜い女の胸に精霊が口を吸わされているなど、あの辺りが今後のデレク・ジャーマンっぽさになってくのかな…?前衛映画の代表作家だそうですが、本作ではその片鱗を感じたものの満足には至らず。ただ退屈な映画になってしまいました。三人のバカは好きです。
tategotoの感想・評価
2004年9月以前に鑑賞
ciatrをフォロー: