アンダートウ 決死の逃亡

アンダートウ 決死の逃亡

作品情報

原題 Undertow
日本劇場公開日 2003年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
多分フィクション。
でもあの冒頭の意味はあったと思う。

ティムのモノローグでの言葉が好き。

叔父の欲深さが怖かったのだけれどその引き金となったのはお父さんで、クリスに対するあたり方も納得できるものじゃなくてあのままの生活でもクリスは恵まれなかったんじゃないかと思うと父親にも怒りが湧いてくる。
ただ、その理由を知った今はもう一度父親の言動を気にして見たい。
その反面、ティムを守るクリスは父親の役やりも果たしていた。

最後の三途の川のシーンも好き。撮り方が好きなとこが多かった気がします。

クリスティン・スチュワートのちょい過ぎる役どころと、どの作品でも違う演技を見せてくれるジェイミーが凄い。
ciatrをフォロー: