スノータウン

スノータウン

作品情報

原題 SNOWTOWN
日本劇場公開日 2010年11月30日
製作国 オーストラリア

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
オーストラリアで実際に起きた猟奇的殺人事件を題材にした作品。ケッチャムの「隣の家の少女」など「何故そんな狂気が?」と考えさせられる映画は好きです。この映画も間違いなく不快になります。狂気に理由なんてないのかもしれない。善悪感情が麻痺して快楽に近い感じになっているのかも。主人公の16歳の少年ジェイミーの家庭環境は最悪で、やっと救いの手が現れたと思ったらそいつは悪魔だった。いきなり不幸に突き落とす訳でもなく、真綿で首をジワジワと絞めるようにマインドコントロールしていく。ジェイミーは抵抗することも逃げることも出来ない。楽しそうに笑いながら道行く家族を眺めながら、自分は二度と普通の生活はおくれないのだ…という表情を見せる所で胸が苦しくなりました。鬱映画です。
TORABISU777の感想・評価
これ実話なのか…
要所要所に猟奇的な殺人シーンが含まれてるからそういうのが苦手な人は評価以前の問題かも。
俺はそんなに嫌いじゃない。
Ken_Changの感想・評価
郊外の退廃的な街、下流生活者がたむろう一軒家、ペドフィリア、同性愛者、アル中、兄弟からの暴力

荒んだ生活の中で少年が唯一心を寄せた男はサディスティックな連続殺人犯だった、というお話

ジャケを見てください
後ろでひょっこり顔出してるのがその殺人犯です

怖えーよ!

実話らしいんですよ、まさにサイコです
、脈略がないんです、ただ殺したくて因縁つけて、大義名分を作って、ただ殺すんです

頭がおかしいですね(´Д` )

拷問シーンも殺人シーンも容赦なくて、下手に被害者に感情移入できちゃう優しい人は観ないほうがいいです(´・_・`)吐きます

近年稀に見る胸くそ悪い映画でした…
何せほんとに胸くそ悪くてですね…はい…
ciatrをフォロー: