闇のあとの光

闇のあとの光

作品情報

原題 Post Tenebras Lux
製作国 メキシコ・フランス・ドイツ・オランダ合作

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
プレデターが人間を見ている時の目線?逆だっけ?二重三重になるじゃないですか あの処理が施されていて マズその意味探しに頭がパニックになります、チン〇丸出しで尻尾が矢印の赤い悪魔が工具箱を持ってます、メキシコの山村へ越してきた白人夫婦と二人の子供(2歳と3歳位)の生活が段々と壊れていきますがストーリーって程では無い、様々な人のとりとめの無い会話をコラージュして その人達のそれまでの人生を読む 人間観察のような映画、、と思ってたら 夫婦の嫁がサウナで乱交会に参加してるシーンがやたらとネットリ描かれていたり(丸出し、オッサンが大股開きで座ってるのを長く映したり)、いわゆるシュールな映画とも違うし 芸術気取りの映画でも無いし、、無音で上がっていくエンドロールは不気味だと言う事を発見!
Mamiko_Suzukiの感想・評価
寝落ちした。
o325の感想・評価
まだ二十歳だからなのか、難しい話だったのか、自分の感性が乏しいのか、わからないけどイマイチ理解しきれなかった、それはたぶん「生(光)」に対して「死(闇)」を感じきれなかったからだと思う。

映像観ていて心地よくは感じたけど全体的に掴めなくて、この映画を受け取れるほどの経験積んでから見直さなければと思った。
ciatrをフォロー: