KANO 1931海の向こうの甲子園

KANO 1931海の向こうの甲子園

作品情報

原題 KANO
日本劇場公開日 2015年1月24日
製作国 台湾

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
台湾が日本の統治下にあった時代、
台湾代表として甲子園に出場した高校の監督や選手の実話に基づいた物語です。
私は野球好きなのに、台湾代表が甲子園に出場していたことを、この映画を観るまで全く知りませんでした!
監督と選手たちの絆や、人種の違いを越えたチームが一丸となる姿に心打たれました。
masha_yossy_44の感想・評価
Hiroko__Hiramatsuの感想・評価
嘉義農業の野球部が弱小チームから甲子園を目指す。日本人、漢人、先住民がからなる民族混成チームが、一つの目標に向かって一丸となるのがいい。特に、指を怪我したエースに対し、部員が皆で、「打たせろ、守ってやるから。」というシーンに感動。1931年の実話に基づく話ということで、さらに感動。
最初と終わりのシーンで、出征する元北海道チームのエースが嘉義を訪れるところに、戦争の暗雲を感じる。
台湾人、先住民、日本人が混じって暮らしていて、日本語と台湾語で意思疎通を行っている、この時代の街の風景が私は好きだったりする。
ciatrをフォロー: