私の、息子

私の、息子

作品情報

原題 Pozitia copilului
日本劇場公開日 2014年6月21日
製作国 ルーマニア

新着感想・ネタバレ

cana_pigの感想・評価
嫌な家族。
こんな家族は嫌。
s_p_n_minacoの感想・評価
交通事故で子供を死なせてしまった息子を庇い、不起訴に持ち込もうと画策する母親。彼女の数日間を手持ちカメラでずっと追う。同じルーマニア映画『4ヶ月、3週と2日』とよく似たムードだった。加害者側の富裕層家庭は我が物顔で自分のことしか考えず、被害者側である農民家庭は理不尽な怒りと悲しみに暮れるだけ。但し母と息子、息子とその恋人の関係はこじれていて、肝心の息子は何もしようとしない。息子に過干渉で依存する母の視点なだけに、観ていて不快になるのは確か。遺族に向かって自分語り(実際とは異なる彼女にとっての息子像)とかさすがにな…。けれど、典型的なほど間違った関係や断絶を描くだけではない。何を断ち切って何と手を結ぶのか、おそらくは新旧ルーマニアが暗示されてるのかも。
EllyMimyの感想・評価
ルーマニア映画!多分人生初鑑賞です。
息子が交通事故を起こし、子供を死なせてしまったことにより
母と息子の愛憎劇が始まります。
息子を愛しすぎるが故に起こる諍いが、
見ていて苦しかったです。
血は水より濃い…とまさにこの、根本は似ている二人を見て思いました。
ciatrをフォロー: