ジグザグキッドの不思議な旅

ジグザグキッドの不思議な旅

作品情報

原題 THE ZIGZAG KID, Nono,het Zigzag Kind
日本劇場公開日 2012年10月3日
製作国 オランダ イギリス スペイン フランス 

新着感想・ネタバレ

satikuruの感想・評価
『ネコのミヌース』の監督。
igagurichanの感想・評価
主人公の12才のノノ少年が、幼い頃に亡くなった母の真相を求めて旅をすると言うお話。
ポップでレトロで可愛い世界観。児童文学の映画化だから、あり得ない設定もあるけど、そこがかなり楽しい。音楽もスパイ映画的。
ノノがバイクを運転したり日本では無理でしょ~って事もサラッとやってのけちゃうのがワクワクします(日本の子ども達に観てほしい!)
話も子供向けかと思いきや、大人が観る視点はまた違い考えさせられると思うので、全年齢対象だと思います。旅で成長する主人公と、それを取り巻く大人達との関係がすごく素敵でした。ノノ役のトマス君の女の子のような顔立ちが印象的。イザベラ・ロッセリーニの貫禄ある歌姫役も良いです。ロッセリーニの歳のとり方っていいなぁ~。
エンドロールの可愛さにノックアウトされました。
asarniの感想・評価
刑事の息子のノノが素行矯正のために叔父さんの家に行かされるが、刑事の修行として列車の中から師匠を見つけて彼について行けと父から手紙があり、彼について行って自分のルーツを探る話。
ciatrをフォロー: