沈黙の監獄

沈黙の監獄

作品情報

原題 Maximum Conviction
日本劇場公開日 2013年1月12日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
私事ですがこの映画を鑑賞したのが院試の合格が決まったその日の夜のことで、既にワインを一本開けたベロベロの状態でした。次の日レビューを書くために思い出しているのですが、おそらくほとんど情報を欠落することなく映画を覚えていました。それは僕がお酒に強いからなのではなくて、この映画が薄っぺらだからではないでしょうか。
薄っぺら、と言いましたが悪い意味ではありません。おそらくそれがセガール映画の特徴なのでしょう。全ての展開、全てのカメラワーク、全ての爆発、全ての血糊がセガールをかっこよく映すためのコマでしかありません。監獄の囚人、CIA、そしてセガール。これらの三つ巴な映画なのですが、まあネタバレしちゃうとセガールが勝ちます。もっと言えば傷一つ付くことなくセガールの勝ちです。なんか、こう、ピンチに追い込まれる展開が全くありません。かなりお年を召されているのに、キレッキレのカメラワークに助けられ、全く無駄のない動きから図体の大きな敵を倒していきます。
評価としては☆2ですが、激しくお酒を飲みながら見るのにはぴったりなのではないでしょうか。
Hironori_Takaharaの感想・評価
セガールの強さが異常w
チート使ってるよ絶対。

たまに図面が出てくるんだが、全員の配置がさっぱりつかめなかった。あと、同じ敵何回も闘うのはどう?一回でやっつけようよ。
ciatrをフォロー: