ウェス・クレイブンズ ザ・リッパー

ウェス・クレイブンズ ザ・リッパー

作品情報

原題 My Soul to Take
日本劇場公開日 2010年10月8日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
『スクリーム』シリーズで大当たりしたウェス・クレイブンが他のシリーズでも当てたい、と画策した映画。構成などは似ているし、もうそのまんま『スクリーム』でもいいかなと思います。『スクリーム』よりも脚本上優れているのは主人公すら容疑者にしてしまう辺りです。多重人格のヒールというちょっとずるい手を使ってこれを達成しているのはすごく評価できますが、なにしろリッパーというヒールがなんかちょっと汚い。『スクリーム』のあいつみたいなスタイリッシュさはありません。
唯一無二な『スクリーム』系ホラーが好きな人はみてもいいかもしれませんが、それ以外の人は見ることをお勧めしません。とにかくチープなティーンっぽい青春劇というのが時々挟まれ辟易とします。

女の子が森の中を走り回るシーンがあるのですが『鮮血の美学』を思い出し、ほんわかした気分になりました。
ところで最近音沙汰のないウェス・クレイブンですが体調が悪いのでしょうか。心配です。
whentheycryの感想・評価
ホラーはキャスト目当て以外で見ることがほぼないのでこれがホラーとしてどうなのかわからなかったw
Josh Hutcherson主演のブラッディ・スクールと少し雰囲気が似ているような感じがしたけどこっちはコメディホラーとして作ってないけどそんな要素が見受けられるそんな感じだった。
内容も面白いと言い難いけど主演のマックス・シエリオットさんはやっぱり演技がうまかった。
犯人は誰か大体想像つくけど「ん?やっぱり違うの?」っていうのがちょいちょいあった。
ciatrをフォロー: