テロ,ライブの感想・評価・ネタバレ

3.6
31
17

The Terror Live 2014年8月30日公開 韓国

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Shinya_Agoの感想・評価
おもしろい! 展開早くてドキドキする。
southpumpkinの感想・評価
非常に高いレベルで緊張感の持続する韓国製サスペンススリラーです。こういう良質な映画が韓国で撮れて日本で撮られないのはなぜなのでしょうか…。
生放送のラジオ番組にかかってきた一本の電話。よくあるモンスターリスナーかと思われたが、いきなり橋の爆破予告。そこから主人公の長い一日が始まります。殆どの舞台を放送室内で完結させ、主人公もそこから余り出ることはなく、シチュエーション・スリラーにうまいことスライドさせていました。『Saw』の二番煎じのようなダサいものではありません。メッセージ性も社会派なもので、社会とりわけ韓国社会が孕む問題を切り取っているように感じました。
舞台は放送室の中だけなのに、事件の規模がどんどん拡大していく展開はとても面白かったです。。ラスト付近の救いのない展開、容赦無い結末も韓国映画っぽくて楽しめました。
Yamanaka__Akiraの感想・評価
韓国映画のサスペンス系の映画はクォリティが高い。日本映画でこれくらい緊張感のある映画が最近少ないのが残念。観る価値あると思います。
toshibakuonの感想・評価
ラジオ放送ブース内のシーンがほとんどなのであまり動きが無いが心理戦や切羽詰まった状態にハラハラする。主人公はまたテレビキャスターに返り咲きを狙う野心家で性格も好きになれないが出てくる人々も自分勝手でイライラする。結局のところ人の為に何かするのではなく自己保身やワガママな事ばかりなのがこの世の常なのかと思うと悲しくなる。
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
ノンストップで繰り広げられる韓国のワンスチュエーションサスペンス。全く間延びせず緊張感を保ちつつ、テロリストとキャスターの駆け引きが続いていくのはすごい!見ものです!
韓国語の響きが苦手で普段は全く見ないのですがオススメされて鑑賞。
ナイトクローラーを観た後だったので、メディア関係の人って己の利益の為なら何でもやるんだなと感じてしまいました。

「謝ることがそんなに難しいのか」とか「政府はテロリストとは駆け引きしない」とか考えさせられることも多かったです。正義とはいったい…。

韓国映画苦手な人にも懸念せずに見てもらいたい映画です。
aymiwtの感想・評価
ストーリーや設定の強引さは否めませんが、さすがはハ・ジョンウ。

自分が可愛いエリートが精神的に追い詰めらる様や、愛する人を守ろうとする顔、一気に犯罪者にされた時の動揺。
コロッコロ変わる心を見事に演じております。

ほぼ放送室での映像なのにこんなに手に汗握らせるのは彼の凄み。

内容も言いたいことはわかりますが、詰めが随所で甘いので勢いで観て楽しめる方にはお薦めです!
pikkapikkarun27の感想・評価
さすがハ・ジョンウ。

どうしても見いってしまう。

kazuya0614の感想・評価
2015.6.13
DVD鑑賞
potunenの感想・評価
ほぼスタジオシーンだけの映画でこの面白さ。どこの国もマスコミは腐ってますな。
Manabeの感想・評価
初めて見た韓国アクション系だけど、レートの通り面白い。韓国映画の中だとダントツイチオシですかね。ほんと韓国なめたらダメだわ。
iamyouare_jinchの感想・評価
フォーンブースを随所で思い出してしまう作品。終わり方はまぁまぁ好きやった。でも途中途中で展開が結構読めるからスピーディーな作品やのにそこまでハラハラせんかった。あと音楽(特に効果音)もうちょっとどうにかなるやろって感じた笑
nagahima5050の感想・評価
2014.9.13.19:15〜渋谷ヒューマントラストシネマ
犯人の要求が正当過ぎて、すぐに誰だかわかるので、なかなか犯人を特定できない警察が非常に無能に見えるが、犯人探しのミステリー要素より、権力とその腐敗体質の批判に重きを置いた結果なんだろうな
日本映画にもこのジャンルでもっと頑張っていただきたいと思う

u44uの感想・評価
これは面白い!
ojojoj19の感想・評価
テロ, ライブ観て来た(テロライブ!ではない、そうするともっとポップな路線で9人の可憐な女の子たちが革命アイドルめざしてテロ起こす系の話になってしまう)

あまりに救いが無かった。

この作品の主題は、テロが起こる現場の生中継という衝撃やスリルが与えるエンターテイメント性にあるのか、それとも、そのエンターテイメント性の裏に物語を通してずっとのっぺりペーストされている政府や報道の在り方への痛烈な批判にあるのか。そのどちらなのかが、感じ方錆び切った私には感覚では分からなかった。
社会派のテーマを強く感じる以前に、ハラハラ感が持つ劇場型エンターテイメント性が本編中濃く描かれているように感じてしまったせいかもしれない。

なにもかも腐った政府や報道の体制のせいでこういうことが起こっているのは、当たり前のように分かる。でも、それは例えば「誰かが来なかった」とか「誰かが通報しなかった」とか、「~なかった」の否定形・消極的なことで事態が深刻化した場面が多い気がして、批判を受けるべき政府の人間が声では登場していたけど視覚的には登場していなかったこと、批判されるべき人間の画面上での不在が、自分の中でのこの主題への空振りパンチ感をひきおこしているのだろうか。(もし、明確に大統領の顔が画面上に出ていれば、コイツを殴ったらいいんだな!と心が感覚で分かって、主題は政府や権力批判だな、ということが感覚で明確に...
Miri_Nodaの感想・評価
@ヒューマントラスト渋谷

何が悪なのか、ハッキリしていて、見ていて心が痛いくらいだった。
そして、ここまでの政府批判やテレビ局を切り込んでいっててよかった。
やりとりもハラハラしたし、最初から最後まで心理戦や爆発を楽しむことができた。

が、ツッコミどころが満載すぎて、そこが若干違和感を生んだ。
韓国が舞台ってゆうのが、なんともこの話のリアル感を作ってる気がするのは、日本人だから??
nagasumi_hasi20の感想・評価
前半の犯人とキャスターとのやり取り。
生放送での犯人との会話しながらテロが進んでいくー。
そしてとんでもないラストに仰天!!
ハラハラしながら見れました。
nobuhiko1030の感想・評価
試写会で鑑賞
90分の作品で、全く飽きさせない、ハラハラ感!
ニュースキャスター対テロリスト!!

見事なまでの政府批判!誰が正義なのか?

上映する映画が少ないと思うけど、観れる機会があれば、観て欲しい作品