ミニミニ大作戦 (1969)

ミニミニ大作戦 (1969)

作品情報

原題 The Italian Job
日本劇場公開日 1970年1月15日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

hitomisnotebookの感想・評価
クルマ好きには堪らない映画だがバンバンクルマを壊して悲しくなる 冒頭のミウラは心が痛む DB4もそうだし二台のEタイプも しかしジャグアのEタイプはフィクスドヘッドクーペがたおやかで愛しい 乗るならドロップヘッドではなくフィクスドヘッドクーペだよね 醜いジュリアと呼ばれるがジュリアスーパーも趣があって好きなんだよね 渋滞中のクルマ達を見ているとワクワクする チンクに何人乗ってるねんとかね って映画の話はなんもないね 古いヨーロッパ車好きにはオススメかな 但し壊しすぎで悲しくなる 映画としては大したことないね
southpumpkinの感想・評価
イギリスの犯罪集団がイタリアでデカい組織犯罪に取り組むお話。

2003年にリメイク版をエドワート・ノートンがやっているのですが、それを見るための予習として視聴しました。やや薄い内容と現実味を帯びないストーリー展開は眠気を誘いましたが、1969年でこのクオリティはすごいと思います(テレビで巨人の星をやってる時代です)。出てくる車もノスタルジーを感じさせる小さなクーパーもなかなか可愛いもんです。
ウィキ情報ですが、これだけイタリアを皮肉った映画にもかかわらずイタリアの全面協力を得ているとか。確かに街のど真ん中であれほどの交通渋滞を起こさせるような映画は観たことありません。イタリア人は心が広いですねえ。
それにしても邦題はなんとかならなかったんでしょうか。ダサ過ぎです。ミニも三代出てくるわけだし、どうせなら「ミニミニミニ大作戦」の方がよかったのでは。
ciatrをフォロー: