ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング

作品情報

原題 Hawking
製作年 2004年
製作国 イギリス
上映時間 89分

あらすじ

1963年イギリス。ケンブリッジ大学院で理論物理学を学んでいるスティーヴン・ホーキングは、 自宅で21歳の誕生日を迎えていた。ほのかに恋心を寄せるジェーンの存在と、彼の好奇心を満たす宇宙の研究。 その将来は、順風満帆かに思えた。 そんな中、突如スティーヴンは脳の命令が筋肉に伝わらないALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。 身体の筋肉は次第に衰弱し、余命は2年と宣告される。 両親は、スティーヴンを支えるのは今まで通りの生活だと思い、彼を大学院に戻す。 しかしその身体は、溺れるように自由が利かなくなっていった。 彼は、その恐怖を打ち消すかのように研究に没頭するが…。

新着感想・ネタバレ

zms3310の感想・評価
ベネディクトの演技が素晴らしい。
特に病魔におかされていくシーン。身体で演技する人だなと思った
southpumpkinの感想・評価
いわずと知れたホーキング博士の青年時代を描いた物語。ソフト化がちょうどエディ・レッドメイン版と被ってしまいましたが、こちらのが先に公開されたようで、さらにこちらの方を先に観た方がよいとのことでしたので鑑賞しました。
ホーキング博士の功績についてのフォーカスがなされ、難病との戦いや恋人との交流などはそれを補完するものとして扱われていたように思います。尺の長さから言えば全てを描くことは難しかったのでしょう。ホーキング博士が宇宙の始まりに気づいたあの瞬間の笑顔は一度でも研究の類をやったことある人なら味わいたい瞬間です。じわりと目頭が熱くなるのは僕も研究者の端くれであることの裏付けでしょう。
カンバーバッチが演じるホーキングの映像の間におじさん二人がテレビの取材を受けているシーンが挟まれます。ホーキングとの関わりを持った人間で、彼らがノーベル賞受賞式直前にテレビにインタビューを受けている映像なのですが、時間を割いた割にそれほど必要に感じられませんでした。
matzsaraの感想・評価
カンバーバッチ目当てで観賞。
物理学者ホーキング氏の青春期が描かれる本作。病気、恋愛、絶え間ない物理への情熱。物理理論の解説は殆どなされないので、正直ちんぷんかんぷんのまま話が進んでいく(説明しはじめたら違う映画になっちゃうから潔いなとも思った)
見所はやっぱりカンバーバッチ。登場シーンからビリリとくる。ソファに深く腰掛け首をすくませている姿、病気になった後の姿に重なる。はっとさせられた次の時には立ち上がって歩いている。印象的なシーンだった。
あとは、ビッグバンを理論づける糸口を掴んだ瞬間!!よくわからないのに祝福したくなる、不思議な高揚感があった。カンバーバッチ素敵だった。
借りておいたDVDを先に母が見たというので、感想を聞いたところ「なんかおじさんたちが宇宙のノイズをキャッチして、カンバーバッチはビッグバンを提唱するんだけどうまくいかなくて、それがノイズの」……なるほど、わからん。ここは潔よく理解を諦めよう
ciatrをフォロー: