アンダー・ザ・スキン 種の捕食の感想・評価・ネタバレ

2.4
51
31

Under the Skin 2014年10月4日公開 イギリス

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Rinafls2の感想・評価
This is the weirdest movie I've ever watched. It was for a movie night with my friend, but I didn't pick this.
I still have no idea what it was all about. And I don't like it. I don't like how this movie ends either.
jetsetの感想・評価
2015.11.6
Fumihiro_Yamanouchiの感想・評価
スカーレットヨハンソンでなかったら最後まで見てなかったと思う。
Yoshitakaの感想・評価
全てにおいて意味わかんない。
s_p_n_minacoの感想・評価
宇宙から来たスカ子さん。まあシンプルにヘンな映画ですわ。キューブリックやタルコフスキーやトリュフォーとかの影響を伺わせて、このヘンさは懐かしい。黒髪、漆黒の闇、タール沼、黒煙…墨のような黒が、ゲリラ撮影っぽいスコットランドの寒々しい風景に異空間のコントラスト。しかしスカ子さんはセクシー美女だと思うけど、どうもおばちゃんぽいのも事実。男を誘う時も会話がおばちゃんだよね…しかも図々しいよね。体型もずんぐりしてるし、何か垢抜けないのが妙に際立って。深読みも色々出来そうだけど、繰り返しパターンとかゆったりした動きに水平ショット、アンビエントな音楽が能楽っぽくも聞こえたし、能面みたいだし、多分そういうつもりで観れば良いと思う。
Ken_Changの感想・評価
スカヨハも副題も無かったことにして観てほしい、なんて物悲しく寂しい映画…

少ないセリフ、少ない表情、少ない接触、淡々と繰り替えされる無慈悲な生と死

この作品の評価を下げてしまったのには大きく二つの理由があると思います

一つはヨハンソン姐さんのフルヌードを全面に押し出してしまったこと

二つ目は副題をつけてしまったこと(ヌードエイリアン繋がりでスピーシーズと掛けたか…笑)

これは日本でよくある失敗ですけど、作品自体が非常にマニアックな作りのために、少しでも多くの方の目に留めさせるためには必要な措置だったのかもしれません

しかしまぁ、却って作品自体の評価を大きく損ねてしまったと思いますね(´・ω・`;)

説明不足といやそれまでで、そんな作品腐るほどありますし、想像のつきやすい設定な分それらから比べたらよっぽど親切です

キューブリック+ターセム+ノエ、という感じで、気づけば、ああ、自分めっちゃ好きやん…という作り

抽象的で想像を掻き立てる視覚を刺激するシーンと不穏なBGM、それらが冷たい空気を漂わせる町で、孤独に淡々と生きるための活動を続ける異星人と思しき女性を、より寂しく悲しげに表現していました

まるで開いたままの瞳孔に雪がひらひらと落ちてきているかのようなラストも寂しげな余韻を残しました
tetsuakiの感想・評価
セリフも説明もほとんど無い。寒さが厳しそうなスコットランドの風景と、不安をかき立てる音楽がとてもシュール。

スカ・ヨハのヌードだけが楽しみだったが、思ったよりプヨプヨでがっかり…

きっとエイリアンの役作りのため身体をたるませたんだね…!

さすが スカ・ヨハ(笑)
hattinの感想・評価
2015.7.31 家
ノイズノイズノイズ
これは素面で観ても一切の感情が湧かないと思う
ノイズと美しくぶっ飛んだ映像

個人的に内容は0点
ワケ分からん
でも映像と音とを加味したらこの点数

ノイズと音に合わない映像が好きならオススメ
普通の映画が好きなら観ない方が良いと思うよ
ririri511の感想・評価
スカージョがフルヌードが見れるって事だけに興味を惹かれてレンタル。
確かに全裸でヘアーまで見せています、でも裸になってるだけ全裸でエロい事をするわけでもなく・・。
セクシー美女に化けたエイリアンが男を次々と逆ナンして喰っちゃうってストーリーだけにスピーシーズみたいな作品を期待してたけど・・。
捕食のやり方も芸術度が高すぎて映画としてのエンタメ感は薄め。
エイリアンが地球に何しに来たのかの触れ込みも無しだからよく分からない。
バイクの男(多分仲間のエイリアン)の説明も無し。
ラストの森のシーンで正体を明かしたはいいがエイリアンと言うよりマネキン・・(笑)
スカージョは脱ぎ損したと思います・・。
tmmyonの感想・評価
これは、これは随分ナルシズムな映画だ…。(いい意味で)というのも私にはウケたからですね。つまらないという人がいるのも無理はないと思います。しかし私にはあの音楽、動き、雰囲気がたまらなかった。
追記:静かなシーンで急な音で驚く場面があるのですが、左前のおじさんが15cmほど飛び上がったのが印象的でした。
Makiko_Katoの感想・評価
作者的には何かしら意味があったのかもしれないけど、無駄な映像が多くてイライラした。ストーリーはなんとなくわかったけど、全体的に意味不明な雰囲気な映画でした。新作の人気コーナーに置いとくんじゃねーよと近所のTSUTAYAに思う。
マニアック過ぎてついていけなかった。
tmmii23の感想・評価
セリフが少ない。何がなんだかさっぱり分からなかった。色んなレビュー読んでやっと少し理解出来た(笑)
Claude_Higanoの感想・評価
狙いがわからないけど、音、演出とスカヨハの演技で見事に終始不気味な作品
Yuka_Onoの感想・評価
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』鑑賞。スカーレット・ヨハンソンのヌード見たさで観たら物足りない作品。カメラワークや演出はおもしろい。謎の生命体は何を象徴してたのかよくわからないけども、もう一度観る気にはなれないな…
k1ller_aka_tKoの感想・評価
妖艶なスカーレット・ヨハンソンが車を乗り回し、ひたすら逆ナンしながら男を捕食するというSFスリラー作品。閑静なスコットランドを舞台にひたすらアンビエントだかドローンな音楽が流れ、台詞の少ないスカヨハが淡々と捕食していく様はとにかくシュール。異星人のバックボーンも目的も説明もないまま始まって終わるので最後まで謎が残る話だけど、それでも飽きずに観れてよかった。途中でロボット映画のように「感情」を覚えるような描写があるけれどそれも特に開眼することなく、正体のベールを脱ぐ最後の雪が降る森のシーンは美しくも不思議な感覚になること間違いない。
ZUKINKOの感想・評価
最後の衝撃がなかったら☆2.5にしようかと思ったけれど、全体的に見ても非常にシュールな映画でした。
ns3ma7zuの感想・評価
よくスカヨハこの役を受けたな。ってなる作品。
taihei__の感想・評価
2015年02月21日 レンタルDVD
skr_icjの感想・評価
#eiga #movie
何かの芸術的な映像を見せつけられているかのような、試されているかのような気持ちになりながらの鑑賞。そして、なに、なにが起こり始めたの...と思ったら終わった。久しぶりに観る側に対して冷たい作品を観た気がする。全部想像すればいいのかな。自分が思った通りに受け取ればいいのかな。生命体の変化と結末が切なくて悲しい。そして夢に出てきそうなくらい衝撃的。
Tate_Keigoの感想・評価
スカーレットヨハンソンが好きだから見たけど、よーわからん。

不気味な感じ。セリフも少なめ。ストーリーも、、、んー、、、

ただ、ヌードを見ただけ。

Ma2_Gの感想・評価
延々と静寂の中、特に波も無く淡々と進んでいく作品。

地球外生命体の侵略と謳われてましたが、そこにフォーカスしてしまうと肩透かしとかそんなレベルでは無いでしょう。
逆に地球外生命体という設定を知らない方がまだ観れたような気がします。

とにかく言葉ではこの作品を伝えるのが難しい。
言えるのはこの作品はとんでもなくマニアックな作品であるこということ。

あと自分の中では神隠し的な怪奇事件の裏側というのはこんな風にひっそりと起こってひっそりと解決してるんじゃないか、なんて妄想してしまう作品でもありました(笑)
Misa_Nakamuraの感想・評価
よくわからなかった
nieve822の感想・評価
2014年に見たけどレビュー書くの忘れてた。なんかよくわからんけど、すごい、けどやっぱやくわからん。そんな映画でした。
EllyMimyの感想・評価
何ともマニアックな作品でした。
なにしろスカヨハの殆ど台詞がなく、
よく分からない映像が幾つかあったり
(だからキューブリックの後継者?と予告であったのかなあ)
官能的ではあるけど
言葉に出来ない陰鬱さ満載、
実に不思議な作品でした。
とにかく上手く感想が書けないのですが、
これは間違いなくカルト的で、一般受けは絶対しないと思うし、
退屈になって途中で観るのをやめる方も多いかも知れません、
しかし私はこのマニアックな世界、そんなに嫌いじゃなかったです。
スカヨハが好きだからかしら…。
tophelosの感想・評価
2014/10/19 梅田ブルク7
「スカヨハが全部脱ぐ」というところが何かと話題の本作だが、それ目当てに観るととんでもないカウンターパンチを食らうだろう。宣伝文句にある「地球外生命体の侵略」なんてものは何ひとつ説明もされないし、なんなら台詞もほとんどない。「2001年宇宙の旅」を思わせる惑星直列っぽい映像が流れたかと思うと、不気味な環境音のようなBGM。そしてスカヨハが延々とバンを乗り回して男たちを逆ナンするという、後世で間違いなくカルト扱いされるような映画であるし、また、それを狙っている節もある。ただ、良くも悪くも、この映画においてスカヨハは絶対に外す事ができない最重要パーツであることは間違いない。しかしこの役よく受けたな。