シンデレラ (2015)

シンデレラ (2015)

作品情報

原題 Cinderella (2015)
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年4月25日
製作国 アメリカ
上映時間 105分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>ロマンス

あらすじ

貿易商の父と、優しく美しい母のもとに生まれたエラは、両親の愛情を一身に受け、幸せな子供時代を過ごしていた。しかし母が病に倒れ、この世を去ってしまう−−−「辛いことがあっても、勇気と優しさを忘れないで。それが魔法の力になる」という教えを残して。エラは悲しみにくれながらも、母の教えを守り、まっすぐな女性へと成長していった。 仕事で長旅に出なければならない父は、エラを独りで家に残すことを忍びなく思い、新たな妻を迎えることに決めた。エラは、まま母とその連れ子である2人の娘、ドリゼラとアナスタシアを、こころよく我が家に迎え入れる。だがまま母は、夫がエラにかける愛情に嫉妬し、エラの若さや美しさを不愉快に思っていた。

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

ellie0728の感想・評価
キラキラしてました
matzsaraの感想・評価
おとぎ話を見事に実写化!
シンデレラのドレスが綺麗、絵本から出てきたみたい。歩く度にふわりふわりと翻る裾がCGなしにきらきらして見えた!色合いも素敵。シンデレラのドレスだけパーティ会場で一際きわだっていたのが印象的だった。
ストーリーの補完の仕方がすごく好き。変なオリジナル設定をつけるわけじゃなく、おとぎ話の言い足りないところをスマートに拾っていく感じ。継母役のケイト・ブランシェットの演技!こうなるしかなかったじゃない…という継母の苦しみ、怒り、哀しみ。語られない継母の物語が伝わってきて圧倒された。
見ていて小さい頃絵本を読んだときのフワフワする感じを少し思い出した。とても素敵な映画だった
utakatafishの感想・評価
結末も、次にどうなるのかも、全部わかってるのにワクワクできるキラキラな世界
衣装が素晴らしい
ケイトブランシェット様はタマラドレンピッカのよう
ciatrをフォロー: