END エンド

END エンド

作品情報

原題 EXTINCTION: THE G.M.O. CHRONICLES
日本劇場公開日 2010年11月30日
製作国 ドイツ

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
ドイツ制作のゾンビ映画。
珍しく最初っから世界が終末になってる。
≪感染≫によるゾンビ化なのにゾンビにも種類が豊富で、のたのた歩くやつ、走るやつ、金切り声で仲間を呼ぶやつ、ゴツいやつ、身軽なやつって出てくる。進化するゾンビだった。それなのにゾンビとの戦いよりストーリーを重視にしたかったらしくもったいない。
しかもストーリーも解決してないことが多すぎる。とゆーか何にも解決してないんじゃなんだろうか。あれは起承転結の転で終わられた感じ。
なのに終わり方のあの後味の悪さだからなんか腹が立ったw

それでも"起承転"まではゾンビ映画として楽しめます!
ciatrをフォロー: