シンシナティ・キッド

シンシナティ・キッド

作品情報

原題 The Cincinnati Kid
製作年 0000年
日本劇場公開日 1965年10月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tophelosの感想・評価
2015/03/05 BS
観直したのはいったい何十年ぶりだろうか。記憶に残っていたのは、ただひたすらに格好良いマックィーンと、緊張感たっぷりのポーカー勝負と、最初と最後に登場する子供とのコイン投げ勝負くらいだったのだが、これらの覚えていた断片だけでほぼエッセンスとしては全てであり、それくらいシンプルな映画(若き勝負師がポーカーでひと勝負をするだけ!)である。だからといって決して退屈な映画などではないし、アクションではないマックィーンの魅力を存分に堪能できる渋い名作だと思う。エンドクレジットで流れるレイ・チャールズの歌がまた痺れるし、子供が観て楽しい映画ではないが、記憶に強く残っていたのはやはりマックィーンの映画だからだろう。
1uhyaの感想・評価
ポーカーのルールを知らないといまいち緊張感が伝わらないかも。
ラストが良かったなぁ。勝った者が正義!
ciatrをフォロー: