REC:レック ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇

REC:レック ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇

作品情報

原題 QUARANTINE2:TERMINAL
日本劇場公開日 2011年1月1日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

xyxyの感想・評価
十数名の乗客をのせた小型旅客機が、LAXを飛び立った。
機内では、CAのポーラとジェニーが接客業務に追われていたが、突然、乗客の一人の大男が激しく嘔吐し、次の瞬間、操縦室に向かって突進するという暴挙に出た。
荒れ狂う男をなんとか取り押さえることに成功するが、正体不明のウイルス感染に危機を感じた機長は、空港へ引き返し緊急着陸を決行。
ところが、ターミナルはすでに防護服に身を包んだCDCおよび警察部隊に包囲され、ウイルス感染への厳戒態勢がしかれていた・・・。
nonadebuの感想・評価
普通に面白かった
ただジョージ君が豚かわいすぎて私の中ではショタ映画に
southpumpkinの感想・評価
ややこしいポジションのB級映画です。スペイン版オリジナル「REC」があり、これらは2,3まで撮られた人気シリーズです。それに触発されてアメリカでリメイクされたのがほうの続編です。リメイクされた1はオリジナルと酷似しているのですが、今作はオリジナル版2と全く異なる作品となっています。それどころか、「REC」の重要な要素であるPOV手法が捨てられています。良いのか悪いのか、映像酔いしない非常に見易い、ただのゾンビ映画になっています。
しかしシチュエーションは前作同様、意味も解らず空港に監禁され、中の人間はゾンビ化しつつ外に逃げようとする。このシチュエーション考えた人天才じゃないっすかね。この点が評価できるのでただのB級ゾンビ映画からは1つ頭出た印象です。
全体的にチープで、役者も微妙で、まさにB級映画です。好きな方は観てもいいかもしれませんが、「REC」好きは無視してもらってもいいかも。
ciatrをフォロー: