サイの季節

サイの季節

作品情報

原題 Fasle kargadan
日本劇場公開日 2015年1月1日
製作国 イラク・トルコ合作

新着感想・ネタバレ

YU66の感想・評価
70年代から30年以上もの、男女三角関係であり、思想の自由を奪うあまりにも不条理で勝手な罪。
途中ある人物に腹立たしくなり『気持ち悪い!』と声が出るほどでした。
これが実話だなんて。世界のあちこちは一体どうなっているのか。
ただ、悲しげな色彩と美しいモニカベルッチは目を離せません。
tophelosの感想・評価
2015/07/25 シネリーブル梅田
亡命を続けているイラン人監督、バフマン・ゴバディがトルコで撮影した新作。「マーティン・スコセッシ提供」と銘打たれているのは、本作を観たスコセッシが「賞賛」の意思を記したもので制作に携わっている訳ではないようだ。実在のイラン人詩人の実体験をベースにしており、1979年のイスラム革命時に不当に逮捕され、最愛の妻と30年引き離された男の物語である。どこまでが実際にあったことなのかは定かではないが、ラストは数年前に衝撃を受けた某監督の某作(書いてしまうとネタバレになる)に近い後味を残す作品であった。彩度を抑えた画作りで、どこかリアルさを抑えたようにも見られる表現が興味深い。
ciatrをフォロー: