太陽の坐る場所

太陽の坐る場所

作品情報

日本劇場公開日 2014年10月4日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
2人のキョウコの光と影を描いたミステリー風味のドラマ。
途中までは理解できていたのですが、段々意味不明になり、消化不良のまま終わった感じ…。光があれば必ず影はある訳で、そこに居る人々も様々で…そんなことを改めて思いました。
Eisuke__Haraの感想・評価
過去の忘れられない思い出。
未完全な青春の時期の過ちで
一生忘れられない傷になる場合も。
失敗から大人に成長する、、、
たった一回の過ちが、大人にまで。
辛い心を描いた映画です。
mizukiiの感想・評価
あんまり入り込めなかったけど、中高生の時に誰もが経験したであろう、あのどろどろざらざらした感じが蘇って吐きそうでした。今思い返してみると楽しい思い出ばかりに思う学生生活って、実は光と影の積み重ねで、いろんな人間の思惑と現実が複雑に混ざり合って、ほんとに、社会の縮図のような。きれいなことばかりじゃなくて、人間の醜いところも汚いところも見え隠れするよなーっていうのを思い出したりした。

映像やカメラのことはよくわからないけど、自分がそこにいるような、自分の目でその場面を見てるような撮り方が多くて、だからより質感が残るのかなあ。

「縛られることでしか、過去の意味を分かれない人間もいるの」って最後の言葉が、じんわり。すごくわかるけど、すごくかなしいなあ。
ciatrをフォロー: