その男は、静かな隣人

その男は、静かな隣人

作品情報

原題 HE WAS A QUIET MAN
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
職場で孤立し、年下の上司からイジメられている冴えない中年男。銃を会社に持ち込み、嫌な職場の連中をいつか撃ち殺してやろうと考える日々。ある日、我慢の限界に達した彼が決意し、銃に弾を込めていると、あるハプニングが。
クリスチャン・スレーターが主役だとは知っていたんですよ。でもジャケットを見ても、本編を観てもピンと来ず…。私の大好きなスレーターどこいった~。いやいや、これは役作り…!(現実逃避)と、言うか今まで沢山の彼の作品を観てきたけど表面だけしか見て来なかったんだなと。演技の上手さに圧倒されました。サスペンス映画だと思っていたけど、深くて悲しい物語でした。映像がとてもファンタジックで美しく、もうネタは最初から何となく分かるのですよ。でもラスト…考察サイトに直行。皆、ある結論には達してるんだけど解釈がそれぞれ違う。面白い映画だな~と思いました。私の解釈も書きたいけど、ネタバレになってしまうので(-_-;)音楽や映像でホンワリさせといて、社会における問題定義をズドーンと落っことす。好きですこの映画。静かな人を怒らせたら怖いよね。
_AokiReikoの感想・評価
役どころとは言え、クリスチャン・スレーターがあんな風貌になるとは…髪型と服装って大事だ
ciatrをフォロー: