空の大怪獸 ラドン

空の大怪獸 ラドン

作品情報

日本劇場公開日 1956年12月26日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Koji__Mitaniの感想・評価
白黒からカラーになって最初の特撮。
いまじゃ考えられないほどジオラマのクオリティが高いです。
Keimiyazatoの感想・評価
特撮、ミニチュア街並みなんかはゴジラより良く出来ています ラドンが飛んだ後から風圧で街が破壊されるシーン、屋根瓦が飛ばされるシーンは見事です、 自分が最敬愛しているフランク・ザッパが息子にラドンと命名したエピソードなんてのもありアメリカでもファンが多いようです。
1231netabareの感想・評価
TV

登録ありがとうございます。

ラドンといえばゴジラの怪獣ですが、ゴジラと戦う以前にラドンとして映画はあったんですね。ファイナルウォーズでビルの上にたって咆哮をあげていたのはこの映画のオマージュですね。
これは、ラドンよりもメガヌロンが不気味で恐ろしい。あんな巨大な虫に真っ暗の中であったらなんて考えるとかなり気持ち悪いし、十中八九捕食されますね。

最後、火山の噴火でラドンを退治するのだけど何とも言えなく後味がわるい。だって、つがいなのかな?そのうちの片方が火山の溶岩に燃えて焼かれ、それに折り重なるようにしえもう一匹が自ら燃えに行くというかなりかわいそうな仕上がりになっています。ラドンをつっていたピアノ線が切れた偶然といわれていますが、苦しそうな声をあげながら燃える二匹をみると「やったーラドンを倒したぞ!」というよりは「ごめんね…。ごめんね…。」という感じになっており、駆逐した人間側も険しい表情のもまま終焉を迎えます。生き物を殺害するのだから快く終わるより、悲しみの中終わる怪獣映画があってもいいじゃないかと思える映画でした
ciatrをフォロー: