13日の金曜日 PART3

13日の金曜日 PART3

作品情報

原題 Friday the 13th Part 3
日本劇場公開日 1983年4月29日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
ホッケーマスクは今回から。おふざけ君を活かし冗談だと思わせる演出は昔だと良かったかもしれないが今はあまり活かされてないと思った。不死身のジェイソンは恐ろしいわざと顔を見せる所はふざけが入って雑にさせるようだと思った。
Keimiyazatoの感想・評価
自分らしさを見付けたジェイソン ホッケーマスクは本作からです、3Dで観ましたが かなりの飛び出しっぷりで 3Dメガネを外して周りを見渡すと飛び出した物を触ろうとしたり 避けようとしたりする人多数でした。
1231netabareの感想・評価
DVD

この作品は、シリーズ上で目だったストーリーではない。前作通り、そして続編でも同じようにジェイソンが若者たちを血祭りにあげていくだけだ。しかし、この作品はシリーズ上記念すべき作品なのである。
ジェイソンの犠牲者の中にシェリーというKY気味のぽっちゃりくんがいる。この子、死に様も可哀想で、血まみれで息も絶え絶えなのに、ふざけていると思われて、気にもとめられない内に絶命するのだ。ただ、この子が後のシリーズに与えた影響は計り知れない。何故ならばシェリーくんこそがジェイソンにホッケーマスクを与えた張本人であるのだ!
以後、コンプレックスの顔を隠すアイテムとしてこのホッケーマスクがジェイソンのお気に入りとなる。それに、心なしかジェイソンが本作から人外パワーもより発揮し出す!
シェリーくん、イケてない人生だったが君には世界中のホラーファンが感謝をしているよ!

ciatrをフォロー: