TATSUMI マンガに革命を起こした男

TATSUMI マンガに革命を起こした男

作品情報

原題 Tatsumi
日本劇場公開日 2014年11月15日
製作国 シンガポール

新着感想・ネタバレ

kyoqoの感想・評価
辰巳先生の生涯と共に、氏の代表する短編作品がアニメになって動く。実に暗かったり、ダークだったり、ありそうでなさそうな憂き世が描かれていて、背筋が凍る。そりゃ手塚治虫大先生が嫉妬したのも分かります。2015年一番初めに見た映画。辰巳先生、ご冥福をお祈りします。
sabiinuの感想・評価
2015/01/21 名古屋シネマテーク
mataro_minceの感想・評価
劇画が本から出てきて動いてる!のが衝撃だった。辰巳ヨシヒロの半生を綴ったお話しに短編を5本連ねてある。むっちゃおもしろいアニメ映画になってる。「TATSUMI マンガに革命を起こした男」テアトル梅田。辰巳さんを知ることができた。このアニメ手法でのらくろやダン吉君を動かして欲しい。2014年12月10日
辰巳ヨシヒロを知らなかったし監督外人だしよくある実写ドキュメンタリだろうとまったく期待をせずに観たのにとんでもない!むちゃくちゃよかった。原作を忠実にアニメーションで構成したらしい。70年代に書かれた作品から秀作を選んであるから当時の風潮も反映して各物語が重い、が、それがよい。辰巳先生には大変失礼だけどつげ義春や諸星大二郎を好んで読める人なら必ずハマるはず。この映画ヒットしてほしい、いろんな町でかけてほしいと心の底から思っている。
ciatrをフォロー: