ブルー・リベンジ

ブルー・リベンジ

作品情報

原題 Blue Ruin
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Ken_Changの感想・評価
親の仇討ちから思わぬ展開見せるサスペンスですが、そないヒリヒリせずノンビリ展開します

主人公はのほほんとした無職で、相手は度々ワイドショーで発掘されるような黒い軽で〇〇を大音量で流すようなDQN一家です

銃をソファ下に隠してる辺りが我が国とは一線を画しています

そもそも復讐の動機が主人公の親父と、DQNの親父の母ちゃんの取り合いですから

民事ですよ笑

お互いの親同士の痴話喧嘩から発展した殺しですからね、それでお互いの家族がほぼほぼ死ぬんですからやってられません

いい年こいて何してんねん、というのが正直なところです…

でもフェルメールの青ラピスラズリのように非常に美しい使われ方をする青と、言葉少な音少なで作られたバイオレンスシーンが私の好みでしたので大変満足です(^^)
s_p_n_minacoの感想・評価
復讐劇といっても、『マッドマックス』のメルギブほどタフで冷酷になれない普通の男が主人公。最初こそワイルドな風貌だったけど、やがて見せる生真面目で内向的なおっさんの素顔がインパクト大。しかもてっきり妻子かと思ったら親の仇討ち…人物像が徐々に見えてくる、引き算で意外性ある展開が面白い。同じく普通の善人が暴力の狂気に走るペキンパーの『わらの犬』を下敷きにしてあるのかな。でも主人公は最後まで人が変わらないし、途中で登場する友人の方がむしろ平熱な狂気を帯びている。心優しき地獄の使者みたいなこの友人の描写もまた言葉少ないけれど、より深い闇を感じさせて巧い。狭い村社会で、患っているものは2人とも同質だ。連鎖する復讐は普遍的な病ではないかと、シェイクスピアや神話を思わせる映画だった。
tetsuakiの感想・評価
両親を殺した相手に復讐するホームレスの男。
意外にあっさり目的は果たされる。
しかし今度は相手の家族に自分の命が狙われ始める… 復讐の連鎖は止まらない… バイオレンス・スリラー!

青い映像に映える血の赤がとても印象的!!

ちょっと太めの友人最高(^_^)v

セリフが少なく淡々と復讐する冒頭20分がこの映画の見どころでは…



ciatrをフォロー: