マップ・トゥ・ザ・スターズ

マップ・トゥ・ザ・スターズ

作品情報

原題 Maps To The Stars
製作年 2014年
日本劇場公開日 2014年12月20日
製作国 アメリカ
上映時間 109分
ジャンル スリラー>サスペンス

新着感想・ネタバレ

sogo_hiroakiの感想・評価
二回観て、日本語訳観て、理解した。

ちょっと、ザ・フライ見直してみよ。
っか、全く覚えてないけど。

southpumpkinの感想・評価
クローネンバーグ初のハリウッド作品は『マルホランドドライブ』にクローネンバーグの作家性である「変態」を注入したような作品。ハリウッドの嫌な部分を俯瞰し、ブラックユーモアたっぷりな展開は隠れ蓑。作品の「変態」(本質的にはもっと高次元だが)を想像させるような際どさです。婉曲的に『クラッシュ』が連想できる。「種としての人間のタブー」(ネタバレになるので伏せますが)を犯す人々が、淘汰されていきます。文明を持たぬ種がより長い年月をかけて淘汰されていくのは想像に容易いですが、それが人間、中でも最も文明的であるとされるハリウッドに住まう人々ですらもその淘汰から逃れることはできないのです。極めて文明的に、しかしそれが結果として運命的なのです。壮大な皮肉。
ジュリアン・ムーアが素晴らしい演技です。ミアと二人で喜びのダンスするところ、めちゃくちゃ可愛いんですけど、理由が酷すぎて笑えます。
tetsuakiの感想・評価
ハリウッドを舞台に、セレブたちの闇を描いた風刺ドラマ。
想像以上のドロドロさに、クローネンバーグってハリウッド嫌いなんだろーなって思いながら鑑賞。

癖のある役者達の中、一番輝いていた?ジュリアン・ムーアに拍手!!
ブーブーおならするわ、車内でバックから突かれるわ(笑) 
彼女の女優魂にビックリ!!
ciatrをフォロー: