尼僧物語

尼僧物語

作品情報

原題 The Nun's Story
日本劇場公開日 1959年8月22日
製作国 アメリカ合衆国

新着感想・ネタバレ

Mamiko_Suzukiの感想・評価
1958年公開の映画だから、オードリーが30歳前の作品。
流石に老けたなと思った。
今までのハツラツとしたコケティッシュなイメージを破りたかったのだろう。
沈黙を美とする修道院の話だ。

「自分と神をごまかすことは出来ない」
好きなアーティストも同じようなことを書いていて、私も常にそう思っている。

キリスト教の従順はとても理解できない。
特に研究所で先輩シスターの為に試験を落ちろというくだり。
主人公の従順の鍛錬にはなるだろうが、では先輩には?
自尊心等を自分が持っていることを理解し、それでどう行動するかが尊いのではいか??
自尊心や嫉妬心をなくすのは、あまりに人間らしくないと思う。

しかしこの事は常に漠然と考えていたので、考え直す良いキッカケとなった。
hitomisnotebookの感想・評価
無神論者なのでこの映画の世界観がイマイチ理解が出来ないが文句なしにオードリーの演技は素晴らしい メルとの婚姻で彼女は本格的な女優さんへと変貌を遂げたと思う 二時間半の映画だけれどもじっくりと観賞にいいと思う
ciatrをフォロー: