神は死んだのか

神は死んだのか

作品情報

原題 God's Not Dead
日本劇場公開日 2014年12月13日
製作国 アメリカ

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

Hironori_Hashizumeの感想・評価
信仰は自由であるべき。

学生と教授の両極端を見てしまうと、
たまーに「神様お願いします」ってなるくらいが、ちょうど良いと思えてくる。
Ken_Changの感想・評価
神の存在を肯定する熱心なクリスチャン生徒と過去の悲劇から無神論者となった先生の知的バトル!!

と思ったら中盤からとんでもない宗教勧誘映画wwwwwww

友達からすごいから観れ、と言われ観てみたら本当にすごい!気持ち悪い!!

なんだよ宣教師の二人!死に際の男に神を信じるか迫ってるんじゃないよwww死んじゃうよwww神を肯定して死んだ男にニッコリ(^^)て、アホかwww死んじゃったよwww気持ち悪いよwww

ガンになって激凹の姉ちゃん、訳のわからんバンドにお祈りくらってニッコリ(^^)おいおい、そんなんで治らないよwww気持ち悪いよwww

神の存在を証明して自己満足の兄ちゃんもなぜかクリスチャンの中国人たぶらかしてバンド観にいってんじゃないよwww気持ち悪いよwww


いえいえ宗教を差別しておりません!!

この映画が気持ち悪いんだよ!!www
mataro_minceの感想・評価
信心深い大学生と神の存在を否定しながらも神を憎む教授との対立「神は死んだのか」塚口1。米国でのたくさんの神絡み訴訟をベースに構築してあるがあくまでこの作品のいう「神」とはキリスト。暴力暴言役は全て他宗教に負わせてしまった。クリスチャンに寄り過ぎ。かえって宗教の無寛容さが際立つ。2015年2月27日
丁寧に嫌味なく作ってはいるがこれをユダヤ教やイスラム教中心で作ったらすごい反発されるんじゃないのっていうくらいプロパガンダ臭も感じる。ウイリーロバートソンというビジネスマンが信心深い本人役で出演しているのも胡散臭い。映画作品としてBGMを使いすぎてうるさい。メロディが気になって議論に集中できない。ナガラ勉強に失敗した中学生のような気分で鑑賞した。教授役はなんとTVドラマ「アンドロメダ」のディラン・ハント大佐だ!全然わからなかった。
ciatrをフォロー: