世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月14日
製作国 日本
上映時間 103分

あらすじ

電話、映画、時計、そして、猫!? 大切なものを一つ消すこととひきかえに、 一日の命をもらえるとしたら? 主人公は30歳の郵便配達員。愛猫キャベツとふたりぐらし。 母を病気で亡くしてから、実家の父とは疎遠になってしまいました。 恋人はいません。別れてしまった彼女のことを、まだ想い続けています。 趣味は映画鑑賞。友だちは映画マニアの親友が一人だけ。 そんな彼が、ある日突然、余命わずかの宣告を受けてしまいます。 脳に悪性の腫瘍ができていたのです。 ショックで呆然とする彼の前に、とつぜん、自分と同じ姿をした悪魔が現れて言いました。 「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」…。 悪魔のささやきに乗せられた主人公は、次々とものを消していきます。 電話、映画、時計、そして、猫。 ところが、何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えてしまうことになり… これは余命わずかの彼に起こった、せつなくもやさしい「愛」の物語です。

新着感想・ネタバレ

Yasuhiro_Wadaの感想・評価
最後の映画が見つからないんだ。
はすごい良かったけど全体の印象としてはうーん。
toshibakuonの感想・評価
原作はわりとタンパクな感じだったけど映像の方が景色や雰囲気などが入ってきやすかった。もうすぐ死ぬとわかったらたいてい悲しい話になるのだけどしんみりではなくフっと温かみを感じる事が出来る。親友役の濱田岳がとても良い味を出していて毎日一本映画をオススメしてくるなんて最高だ。
Kenta_Kawamuraの感想・評価
割と良い作品。函館の風景は昭和とも言えぬ、あの感じが良い。
ciatrをフォロー: