セーラー服と機関銃

セーラー服と機関銃

作品情報

日本劇場公開日 1981年12月19日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

copparmanの感想・評価
20160228
薬師丸ひろ子さんが可愛かった
southpumpkinの感想・評価
相米慎二『台風クラブ』はオールタイムベストなのですが、その他の作品を観ていませんでした。橋本環奈主演の続編が撮られるとのことで、薬師丸ひろ子版を鑑賞です。
相米慎二がもうド相米慎二で、ロングカットに望遠カメラの多様でした。こんなに玄人向きの映画が当時の橋本環奈とも言える美少女薬師丸ひろ子主演にして撮られたこと、さらに大ヒットしたことも驚きです。そもそも望遠カメラで薬師丸ひろ子の顔しっかり見られないし。この映画で薬師丸ひろ子の顔をしっかり見られなかったのは少し残念でした。さらに怪しい刑事が柄本明だということもやっと最後に気づくレベルです。『台風クラブ』ではきちんとメリハリがあってよかったように思うのですが…。その中で高校生のうちの一人が遠巻きに見ても柳沢慎吾だったというのは彼の素晴らしい点だと思います。もう一人が光石研だということも気づきませんでした。
アイドル映画を切り口に、シュールなギャグとヤクザの破滅的な生き方を描いています。シュールなギャグというのはクレーンと地雷でしょう。どちらも薬師丸ひろ子への拷問なのですが、どちらも笑えます。
ふと思い出すのが園子温『リアル鬼ごっこ』でしょうか。女子高生を主人公にして客を釣り、内容は自分のやりたいことをやるという点で同じです。
Yamanaka__Akiraの感想・評価
ただ、当時流行ってたので観てみました。
ciatrをフォロー: