丹下左膳餘話 百萬両の壺

丹下左膳餘話 百萬両の壺

作品情報

日本劇場公開日 1935年6月15日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
1935年作品 80年前です!80年前にしてはとか下駄を履かす必要も無く面白いし 映像も綺麗で山中貞雄の天才ぶりに呆れます、丹下差善と大河内傳次郎と言う名前でチャンバラを想像しますが 人情喜劇で どことなく幕末太陽傳 に通じるシニカルさもあり 傑作 人情紙風船 と共にお気に入りですが 残念な事に山中貞雄監督の作品としてはどちらも後期の作品で現存するフィルムはごく僅かだとか 非常に残念で仕方ない。
mataro_minceの感想・評価
切った張っただけじゃない。 ご存知左膳が女と子供に振り回されながら大活躍。 すごく楽しい人情劇がシアター3の大画面で存分楽しめる。 昭和10年度作品がこんなに面白い。「丹下左膳餘話 百萬両の壺」塚口3。 ぶらり信兵衛のご先祖様。時代劇映画で一番好きになった。2014年6月16日35ミリフィルム上映で観られたしあわせ!
ciatrをフォロー: