ラ・マンチャの男

ラ・マンチャの男

作品情報

原題 Man of La Mancha
日本劇場公開日 1972年12月16日
製作国 イタリア

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
ドン・キホーテはセルバンテスが獄中で構想したと言う事実を元に想像を膨らませて描いています、セルバンテスとスウィフトが居てルイス キャロルに繋がりカフカや魯迅。安部公房と流れている図式が自分にはあるのでセルバンテスと言う名前だけで無視出来ない作品、演出と楽曲が多少固いかな?とは思うけど多重構造になった作りは見事だし 何より挑戦する大切さや勇気をいっぱい貰える映画になっています、ピーター オトール、ソフィア ローレンが好演しています。
ciatrをフォロー: