マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺

マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺

作品情報

原題 The Persecution and Assassination of Jean-paul Marat as Performed by The Inmates of The Asylum of Ch
日本劇場公開日 1968年11月23日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
大筋はタイトルの通りです ピーター ブルック演出の実験的な舞台劇のような映画、キューブリックと寺山修司が競作するとこんな感じになるのかな?丸山才一曰く この映画を正しく評した論評を読んだ事が無い、、と言うのを読んじゃったので感想が書けなくなっちゃった、、、
ciatrをフォロー: