おみおくりの作法

おみおくりの作法

作品情報

原題 Still Life
日本劇場公開日 2015年1月24日
製作国 イギリス・イタリア合作

新着感想・ネタバレ

gonbe73の感想・評価
2016/03/14
翻訳者 大西公子
死んでから知り合った人を友人と言い切っちゃうのちょっとつらい。見送った人たちと同じくらい主人公は孤独で、でも幸せそうな顔で死んだことやラストシーンからすると悲しいだけじゃないのかも。色合いが素敵。
nusagiの感想・評価
主人公の丁寧な仕事ぶりは、確かに生きている側からすれば無駄にも思える。

でも、孤独な最期を迎えた人達も本当は誰かの家族や友人として見送られていたかもしれない。

そんな小さな希望を胸に書類上の文字だけになってしまった人達を「ただの記録」から「生きていた人」へ、たとえ希望が叶わなくても「1人でも思ってくれた人がいた」という形だけでも残そうとする主人公の真摯な姿勢に感動しつつも、似た境遇だからこそなのかと思うと切なかった。

見終わって、葬儀は生きている人達のためにあるものという考えが少し変わった気がする。
_coharuの感想・評価
静かすぎるくらい静かな作品。その中にジョン・メイらしさが 言動に詰まっててくすっと笑える場面も。悲しい仕事かもしれないけど、とても温かみのある仕事。いろんな人生に寄り添ってきた彼の深みにハマります!
ciatrをフォロー: