バケモノの子

バケモノの子

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年7月11日
製作国 日本
上映時間 119分
ジャンル アニメ

あらすじ

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】。交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となり、九太という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだったー。

新着感想・ネタバレ

sogo_hiroakiの感想・評価
実は、評価するなら、3.7ぐらい

アニメならではの作品で、面白い映画。

しかも、いい台詞が沢山ある。
アニメ映画は、ホント多い。

ただ、アニメ映画って、ちょいとした謎があり、それがわからないまま終わったりするから、知りたい俺には、しこりが残る。

それも、いい所ですが。

それにしても、この映画アニメ主人公の頭と首のアゴのラインが良く見えなくて。
歳かなぁ?

宮崎あおいは、なんでもできますなぁ。
anpnの感想・評価
話題ほど面白くはなかった。
tremolo779の感想・評価
『おおかみこどもの雨と雪』に続いて親子愛がテーマの物語。
細田守監督自身が子育て中なのもあって、それが作品にも反映されてるのかな?
ただ、純粋に子育てにテーマを置いてた前作に比べるとちょっと雑多な感じかなぁ。
宮崎あおいの演技が凄く良かった!
染谷君と広瀬すずちゃんの演技がちょっとうーんって感じだったのと、この作品にヒロインの必要性を感じなかったなぁ。
音楽含めてエキゾチックな雰囲気とか、アクションシーンの迫力とかは凄く良かったと思う。
ciatrをフォロー: