チャップリンの殺人狂時代

チャップリンの殺人狂時代

作品情報

原題 Monsieur Verdoux
日本劇場公開日 1952年9月2日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

mopicoの感想・評価
Keimiyazatoの感想・評価
独裁者より賛否両論分かれる作品でチャップリン作品として認めたくない人もいるかも、オーソン ウェルズがチャップリンに「こういう話しの映画を作りたいけど出てくれないか?」って立ち話し程度で聞いて一旦は断ったけど興味が湧いて来て自身で映画化、ウェルズから聞いた話しとは違う作品になりましたが原案料を支払い作品にもウェルズの名前をクレジット、殺人鬼をそのまま殺人鬼としてしか見ない人には有名な台詞も殺人鬼の言い訳にしか思えないはず、比喩として捕らえて観て欲しい。
ciatrをフォロー: