博士と彼女のセオリー

博士と彼女のセオリー

作品情報

原題 THE THEORY OF EVERYTHING
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年3月13日
製作国 イギリス
上映時間 124分
ジャンル ドラマ・恋愛>カルチャー>伝記映画

あらすじ

ケンブリッジ大学で理論物理学を学ぶスティーブン・ホーキングは、同じ大学で詩を学ぶジェーンを出会い、恋に落ちる。しかし直後にALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っていて余命は2年と宣告されたスティーブンはショックで引きこもる。一方ジェーンは様子のおかしいスティーブンを心配し彼を訪ねるが..

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Kyohei_Fukubaの感想・評価
おれは教会でホーキング博士とジョナサンが会ったシーンで「僕が死んだら彼女を頼むよ」的なことを言ってたと思う。
序盤のボールペンが落ちたのを拾うシーンがあって最後の方に活かされていたり、博士の喉を切る手術のとき、マーカーで書かれた線が十字架になっていたり、想像を膨らませるシーンが多いのがいいと思った
Yuka_Tanoueの感想・評価
離婚に納得がいかなかった〜
ciatrをフォロー: