マスク (1984)

マスク (1984)

作品情報

原題 Mask
日本劇場公開日 1985年6月22日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
骨の膨張により顔が獅子のように変形する“ライオン病”と呼ばれる奇病をもちながら、強く真っ直ぐに生きた少年の人生を描いた作品。実話を基にしています。

難病ものは悲しくて泣ける作品が多いですが、この作品はひたすら「強い」 
主人公のロッキーは難病を持ちながらも明るく前向きに生きています。
お母さん役がシェールなのですが、ちょっと破天荒な人で、息子に対しても特別扱いしない。突き放す。でもそれも彼を思ってのことで、ちょっと歪んだ愛情だけどものすごく愛している。本当に強いのです。

2人を取り囲むのは優しい人達。
そんな中でロッキーはいろんな事を経験して成長して行く。じんわりと感動して考えさせられる…凄く良い作品です。
盲目の少女役でローラ・ダーンが出演しています。すごく可愛い! 
主役のエリック・ストルツは特殊メイクで熱演していて凄いです。
ciatrをフォロー: