美しき獣

美しき獣

作品情報

原題 Kiss of the Damned
日本劇場公開日 2015年1月10日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
ジョン・カサヴェテスの娘さんの初監督作品。
ヴァンパイア(女性)と人間(男性)の恋を描いたお話。
後半になると主人公の女性の妹(これまたヴァンパイア)が登場し、
これがまた異端児?でかなり物語を引っかき回します。
ストーリー的にはあまり入り込めなかったものの、
映像はスタイリッシュだと思いました。
tophelosの感想・評価
2015/03/14 シネリーブル梅田
「未体験ゾーンの映画たち2015」にて鑑賞。ジョン・カサヴェテスの娘ザン・カサヴェテスの初長編監督作品だそうで、バンパイア女と人間男のラブロマンス、という「逆トワイライト」とでもいうべき物語なのだが、あちらは完全にお子様向け(一作目しか観てませんが…)だったが、こちらはしっとりと大人向けに仕上がっている。まず、無闇に人間を襲うのではなく、あえてそれを禁じ、人知れずひっそりと暮らしているバンパイヤ族の設定は、昨今のパターンとはいえ、その危うさが緊張感を生んでいて面白い。そしてそんな中に必ず暴走する者がいるわけで、本作ではバンパイア女の妹がそれに当たる。派手さはないが、ラストもなかなかで楽しませてもらった。
ciatrをフォロー: