ブルックリンの恋人たち

ブルックリンの恋人たち

作品情報

原題 Song One
日本劇場公開日 2015年3月13日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
交通事故で意識不明の弟が大ファンだというフォークシンガーと(強引に)知り合って、いちゃいちゃデートしまくるアン・ハサウェイ。確かに今はフォークブームらしく、登場するのは地元ミュージシャンと思われ、ブルックリン音楽シーンのプロモーション映画みたいな。全体がミュージックビデオみたいな。おかげでなんとも作為的なストーリー。メソメソと辛気臭い顔してるけど、結局は弟をダシにしたナンパでは…。いやまあイケメン人気シンガーは音楽の天使的存在なんでしょうけど、アンさんは都合良く利用しすぎだし、ミュージシャン性善説すぎてムズ痒い。曲もさだまさしか精霊流しか。フォークが流行るのは不景気だからか。
tamago3の感想・評価
弟が交通事故にあって意識不明の重体、姉役のアン・ハサウェイは弟と疎遠だったことを悔やむ。弟が好きだったアーティスト、ジェイムズ・フォスターのコンサートに行き彼と惹かれあっていくという物語。淡々と流れるストーリー、音楽が心地いい。ただインパクトにはかけるかなあ。
afukinheadytaleの感想・評価
2016/03/12
ciatrをフォロー: