フリックストーリー

フリックストーリー

作品情報

原題 Flic Story
日本劇場公開日 1975年11月29日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

tophelosの感想・評価
2015/01/24 BS
アラン・ドロン自ら製作に名を連ねる実録ベストセラーの映画化作品。実話ベースなのだからだろうと思うが、エンターテインメント的な過度な派手さのない刑事と犯罪者の駆け引きが繰り広げられてゆく。ドロン演じる刑事が、いわゆる熱血漢でもエリートでもなく、出世を夢見るたたき上げの刑事であるところも大きな要因だろう。上司とのやりとり等もリアルな組織内での上下関係がよく出ている。その刑事が追いかける凶悪犯を演じるのがジャン・ルイ・トランティニャン。その冷酷ぶりは見事で、ドロンとの対比が際立っている。ネタバレになってしまうが、刑事が犯人を捕まえてからの展開が興味深く、そしてラストのカメラ目線に驚かされる。
ciatrをフォロー: