昭和残侠伝 唐獅子牡丹

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

作品情報

日本劇場公開日 1966年1月13日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
弟分を助けるために組の親分を殺した主人公(高倉健)は服役の後に墓前で残された妻子と出会う。自分の素性を明かせないまま、徐々に親密さを増し、組のために働くようになるが…。
昭和残侠伝シリーズ第二弾(ストーリーに関連は無し)にして早くもシリーズのマンネリ(いい意味の)を感じるようになってきました。義理を果たすために自らの命をも賭すかっこいい男を存分に堪能できます。そしてお互いに一人で敵陣に乗り込もうとする高倉健と池部良がお互いに折れて、二人雪の舞う夜道を歩きながら、高倉健が歌う「昭和残侠伝」が響く、というわけです。かっこいい。池部良がかっこいいのですが、前作同様"出なくても"いい、キャラクターなのがちょっと不満。本作なんて映画が2/3ほど終わってから登場というのがなあ。二人の関係性が相棒になるまでのエピソードが剣を交える、というだけなのも…。もうちょっと精神的繋がりが欲しいと感じてしまいました。が、これはもしかすると観る側で補完すべきなのか、つまりメタ的な要素も含んでいるのか…、と深読みをしたりしなかったり。
三田佳子がかわいいの。
mataro_minceの感想・評価
昭和初期の宇都宮。短い刑期で出所した某は義理で殺した男の墓前で残された母子に出会う。陰で日向で母子を支えるが呵責に耐え切れずついには自らを明かしてしまう。「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」梅田7。最後は仮面ライダー1号2号がショッカー基地に乗り込んだらV3が助けに来た風情。おもしろいよ!2015年1月11日
ciatrをフォロー: