セッション

セッション

作品情報

原題 Whiplash
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年4月17日
製作国 アメリカ
上映時間 107分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春>音楽・バンド・ダンス

あらすじ

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。 ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。 だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの 常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。 浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。 恋人、家族、人生さえも投げ打ち、 フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Hironari_Yoshimatsuの感想・評価
自分がその場にいるかのように緊張感が伝わってきた。
中学、高校時代の部活を彷彿させるものがあった。
traumereiiiの感想・評価
非常に評価の高い作品であることはネットのレビューを見て知っていましたが、あらすじを観ても「ドラムのスパルタ映画」としか捉えられなくて、ハマる人にはハマる映画なのかなぁ…でもこの好評さは気になるなぁ…と、ついに上映期間が終了してしまいました。
すると再上映のお知らせ。「再上映されるくらいの作品ならば、観なきゃいけない!」と思い、やっと映画館にて鑑賞することができました。

はじめの方はひたすら主人公のニーマンがドラムに奮闘しています。スパルタ教師のフレッチャーのバンドに入れてもらっていい気分。フレッチャーの行き過ぎな指導を受けつつもしがみつくようにして頑張るニーマン。ニーマンが事故って話は転換していきます。堪忍袋に切れたニーマンがフレッチャーに掴みかかってニーマン退学。ニーマンの告げ口でフレッチャー辞職。
そしてその後別の場所で再開した2人。ここから2人の攻防が始まります。
まずはフレッチャーの騙し。事前にニーマンに告げていた曲とは全く違うオリジナル曲をコンサートで演奏させ、ニーマンは当然演奏できずボロボロ。ちょっとでも関係が回復したと思ったニーマンが甘かった…。けれども悔しさを通り越して腹が決まったようなニーマンがドラムを主導にバンド演奏を始めてしまいます。観てるこっちはニーマンの気分だったのでしてやったりです。「ほれみたことか!」とニヤニヤしてしまうのです...
Ryohei_Shiotaの感想・評価
なんだろう、凄く熱くなった!
展開は映画っぽいし、努力した人間がその努力を認めてくれ~と言うのは今っぽいと思うけど、単純にスゲーなこいつと思わされた。
もうちょっとこの先も見たかったな~(笑)
ciatrをフォロー: