国民の創生

国民の創生

作品情報

原題 The Birth of a Nation
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
年間140本もの短編作品を作った映画の父デヴット-ワーク-グリフィスは190作目にして長編作品を発表 カットバックや同一進行のモンタージュ等 現在に至るまで使用されている映画技法を詰め込み 南北戦争で引き裂かれた男女の物語を描き それは現在の目で観ても素晴らしい、、のですが、、同時にこの作品はアメリカ映画最大の恥とまで言われる程に人種差別思想が激しくKKK擁護を臆面も無くやっています、この作品の大ヒットを期に当時廃れていたKKKが復活した事実もあり 映画の造りは凄くて傑作だし その後の映画の文法を確立した功績はデカイのだけどマイナス要因のデカさも半端無く 評価に困ります。
ciatrをフォロー: