沈黙の制裁

沈黙の制裁

作品情報

原題 The Mercenary: Absolution
日本劇場公開日 2015年2月21日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
女をかばったがために組織を敵に回したセガール映画。キレキレのアクション俳優を脇に置いた近年のセガール作品です。セガール映画と言えば、「セガールが一番強い」という万有引力に並ぶ法則が成り立つことで知られていますが、近年の相棒を置く流れによってこれが際立っているかと思います。この相棒は老いたセガールを助けるために存在しているのではなく、明らかにセガールの強さを誇張させるための存在。本作の相棒である中国人はアクションシーンにおいて、一般的なアクション映画のように対等に殴り合い、ギリギリの所で勝ちます。なので結構血とかでてたりします。その点セガールはなんと一発もパンチが当たらず、空間がねじ曲がっているとしか思えないほど被弾もしない。結局セガールといい感じになるべくして登場した女といい、相変わらずのセガール映画でした。
セガール映画はいいですね、お酒を少し飲みながら、少し別の作業をしながら観ることができるので助かってます。(沈黙の星2.5)
ciatrをフォロー: