脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリー

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年5月9日
製作国 日本
上映時間 121分

あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘う。しかも、唐突に早乙女の部屋を片付けると言いだし、家まで押し掛ける。片付けが終了すると、再び紛糾する脳内会議。限界を迎えた5人のメンバーの元に、櫻井いちこと同じ風貌の黒ずくめの女性が現れ、5人は眠らされてしまう。その途端、いちこは大胆にも早乙女をベットに誘い、ベットイン。しかし、自分の軽率な行動を後悔し、いちこは連絡先も残さないままそっと帰宅する。 後日、編集部の越智(成河)との打ち合わせ終わりで、いちこは早乙女と再会。「ヤリ捨てされたの?」と憤る早乙女に、いちこは脳内がパニックになったことを説明し、本当は早乙女のことが大好きな気持ちを伝え、晴れて恋人同士に。しかし、幸せも束の間、いちこが30歳であることを伝えると、早乙女からは「ないわー」の一言。いちこはあっという間にフラれてしまう。早乙女の発言は誤解だったことが判明するも、元カノジョの出現で振り回され、疲れ果てたいちこは早乙女と距離を置くことに。そうこうしていると、越智から突如キスをされ・・・!? はたして、いちこと脳内会議のメンバーは、幸せな道を選ぶことができるのか!? いちこ×早乙女×越智の三角関係のゆくえは――!?

新着感想・ネタバレ

gen123の感想・評価
なんかややこしい女の人笑

でも頭の中の人たちとても好きな人たちばかり
Kae_Sekiの感想・評価
インサイドヘッドのように、現実世界と主人公の脳内会議が連動してストーリーが進んで行く形式。
脳内会議のメンバーがなんとも豪華。そしてインサイドヘッドと違って恋愛時の脳内に合わせて議員の役割が配分されていたところも面白かった。
会議の際の個々の発言もなかなか鋭くて頷ける。結末もとても納得がいく。How to be singleを見て感じていた違和感がこの映画によって解消された。

残念だったのは現実世界の描写。まず何で早乙女はいちこのこと好きになったのかよく分からないし、男性2人が女性の取り合いで殴り合いの喧嘩してるところとか少女漫画くさすぎて引いてしまった。あと個人的な好みの問題かもしれないけど、主人公の衣装どうした…。気になっちゃって話に集中できなかった。
anpnの感想・評価
漫画は読んでいません。
ciatrをフォロー: