誘拐の掟

誘拐の掟

作品情報

原題 A WALK AMONG THE TOMBSTONES
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年5月30日
製作国 アメリカ
上映時間 114分
ジャンル スリラー>サスペンス

あらすじ

1999年、ニューヨークでは連続誘拐殺人事件が人々を震撼させていた。「妻を誘拐した犯人を探して欲しい」。引退した刑事マット・スカダーに持ちかけられた相談、それは誘拐犯の捜索だった。だが犯人は残忍で狡猾、交渉不可能な猟奇殺人鬼。身代金を奪い、人質を変わり果てた姿で返す。今、一人の少女が新たに誘拐され、絶体絶命の交渉に、この男が打って出る。

新着感想・ネタバレ

potunenの感想・評価
サスペンス風味のハードボイルド贖罪映画。99年って設定が良い。まさに過去と未来の過渡期。過去を償い未来に尽くす、リーアム激渋の地味やけどなかなか味わい深い映画やった。原作読みたくなった。
Manamaiの感想・評価
スコット フランク

リーアムニーソン
デヴィットハーバー
ダンスティーブンス
ボイドホルブルック
kanameanditの感想・評価
評価はかなり高め。
難しい内容だし
小説を読んでいるかのような描写
そこにもカメラワークにほんの少し
工夫するだけでかなり
おもしろいものになっている。
主人公リーアム・ニーソンは
ほんといいやつなんだな!!って
つくづく思う作品。
ciatrをフォロー: