マッド・ガンズ

マッド・ガンズ

作品情報

原題 Young Ones
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年3月28日
製作国 アメリカ
上映時間 100分

あらすじ

舞台は、干ばつが続き貴重な水を巡って争いが絶えない近未来。 二人の子、ジェローム(コディ・スミット=マクフィー)とメアリー(エル・ファニング)をもつ父親アーネスト(マイケル・シャノン)は、周囲の住人は都市部に集まる中、貧しいながらも荒野の一軒家に留まり、いつか荒れ果てた土地を豊かな農場に変える夢を持っている。 しかしある事件によってアーネストは無残な死をとげ、隣人の青年フレム(ニコラス・ホルト)がジェロームとメアリーの父親代わりになるが..

新着感想・ネタバレ

jetsetの感想・評価
2016.5.8
kanameanditの感想・評価
世紀末なのに、ロボットやら
お母さんは変なシステムで稼働してるし
その技術あれば世界かわるだろ
みたいな。
s_p_n_minacoの感想・評価
水が枯渇した近未来で、家族の罪と罰と因果応報。父マイケル・シャノンにエル・ファニングとコディ・スミット=マクフィー姉弟、更にニコラス・ホルトって、みんな長身だ。家系なのか。邦題で連想されるマッドな世紀末感はなくて、社会が一応存続してて文明が滅んだ訳でもない、西部劇的マッチョ世界。そんな風景にレトロ風味なメカ類が力入ってるけど、肝心の4足歩行マシンは既に見たことあるヤツなので何だかなぁ(馬の代わりにしてはそれほど役に立たないし車もあるし)。不気味顔マクフィーくんと精悍なホルトはビジュアルが映えるからいいものの、エルちゃんの扱いはしょっぱかった。脚本が素人臭くて、それっぽい雰囲気だけの浅さは否めない。
ciatrをフォロー: