ゼロ・デイ

ゼロ・デイ

作品情報

原題 ZERO DAY
製作年 2003年
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
エレファントに続いて見たコロンバイン高校銃乱射事件を題材に作られた作品。
こちらは銃を乱射した2人がそのことを決めた日から実行する日"Zero Day"までを監督の考察で描いた作品。
主人公達がその日までの行動をビデオで撮影しながら語るというPOV方式。
2人とも全く悲壮感などなく、かと言って過度なワクワクもあるわけでもない。これからもずーっと日常が続くようなテンション。それでも時々彼らの内にある伝えたいことというか実行する理由みたいなのが見えてきます。
そんなテンションで淡々と進むから彼らの家族や幼馴染みとかも出てくるのですがもちろん彼等はこれからどんなことが起こるかなんて知らないから知っているこちらからすると胸が張り裂けそうな気持ちになる。
そんな日常的なシーンを1時間弱見ているのにラストの彼等は見たことない違う人物だった。特にキャルなんて見てから一週間経つというのに脳裏から離れない。
実際にあった事件では2人のうち片方が周りから危険だと思われていたことはこの映画と共通する。

推察されたものだけど2人の心情を見ながらこの事件を見ていくことはとても考える所がある。実際に起きた事件でも事件前後の学校、警察の対応は酷くお粗末。それどころか隠蔽詐称だって行う始末。2人の行動を肯定するわけではないしできるものではないけどこの事件から学ばなければいけないことはとても多いと思います。
ciatrをフォロー: