コードネーム U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.

作品情報

原題 The Man from U.N.C.L.E.
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年11月14日
製作国 アメリカ
上映時間 116分

あらすじ

大ヒットシリーズ『シャーロック・ホームズ』でお馴染みのガイ・リッチー監督が、1960年代の超人気TVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、今まで観た事のない最高にイキでゴージャスなスパイ・サスペンスとして蘇らせた!舞台は東西冷戦真っただ中の1960年代前半。まさに敵同士のCIAエージェントとKGB工作員が、世界を巻き込む一大テロ事件を止めるために手を組んだ!やり方、考え方が真逆のコンビが世界を股にかけ、鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘を守りながら科学者本人を探し出さなければならない。タイムリミットが迫る中、核爆弾大量生産技術流出の危機から世界を救えるのか!?

新着感想・ネタバレ

diebackの感想・評価
話が単調だったせいか、途中飽きるかと思ったが、終わってみれば良作だった。
笑えるシーンなどもあり、ただのスパイ映画という感じではなかった。
ekurmovの感想・評価
冷戦期、米ソのイケメン凄腕スパイがコンビを組む!といういかにもな設定からなんとなく感じてはいましたが、
これはもう愛情なのでは?と言いたくなるような展開に「いやいやいや!お前ら!は?ちょっとやりすぎ!!は?は?(特有の語彙力の無さ)」と言いながら鑑賞していました
メインヒロインのギャビーも相当かわいいんですが、主人公たちの絡みと比べたらどうでもよくなります
別にそういった内容ではないんですがけどね、でも敵国のスパイと手を組んだらそうなるよね!

...とまぁこれだけ書いて勘違いされても困るので真面目に書きますと
まず内容についてはいたって普通、派手なアクションがあるわけでも緻密なストーリーがあるわけでもなく、ギャグが冴えてるわけでもない
しかしながら、テンポはいいし画面はおしゃれなので飽きずに見れます
ここにガイ・リッチーお得意の画面分割や軽快な劇判によるテンポの作り方が一役買っているのは言うまでもありません
そしてキャラクター、主人公2人の過去やそこから生じる性格は、(個人的には)この映画最大の魅力である2人の絡みを強力に後押ししています

決してつまらない映画ではありませんでしたがこれと言って突出したところがあるわけでもなかったので☆3.5です
あとこれ続編とかあるんでしょうかね?それはまたちょっと見てみたいですね
Teppeyc2Rockの感想・評価
自分の中で最おしゃれスパイ映画認定!
ciatrをフォロー: